Q.天秤を選定する際の基準はどんなものですか?

A.
学生の頃に耳にしたことがある分銅というものは、どのような物なのかあまり知られていない事でしょう。これは金や銀といった塊が、分銅状に造られて重さを測るというもので有りますので、一般家庭などでも使用することが可能です。ですので、これをワンセット持っておくといざという時に、とても重宝します。主に学校の授業などに使われているものですが、一般家庭でも使用することができますので、使ってみようというのであれば購入するのも良いかもしれません。

分銅は計量法に基づき検査されてその検査に合格された基準のものには、有効期限付きの検定に合格したものは検定生印がつけられます。これに使われている金属には様々なものがありますが、高級のものですと白金イリジウム合金や、純ニッケル製であったりしますが一般的に使われているものは黄銅製で表面にニッケルあるいはクロムなどのメッキが、使われています。最近ではステンレス製の物が多く出回っていますが、使い方はどれも同じです。

正しい使用例としては、天秤に乗せる際に指紋などが付かないように、ピンセットなどを用いて載せるようにしましょう。その時に落としてしまったり傷をつけないように気をつける必要があります。敏感なものですので、取り扱いには充分注意が必要になります。分銅の種類には大きく分かれて基準、実用基準、精密というものがありますが使用目的によって、違ってきますので使用目的に合わせて購入するようにしましょう。個人でただ単に測るだけであるのであれば、この様な難しい事は何も気にすることはありませんので、気楽に使用する事が望ましいです。

それを使用する天秤にも二種類あり、機械式と電子式と言うものが有りますので、こちらも目的に合わせて選ぶようにしましょう。学校の授業などにしか使用出来ないものだろうと言うイメージがあるのですが、普通に販売もされていますので、購入する事が可能なので一般家庭でも利用することができます。使い方は難しいのではないか、そのように感じることもあるのですが、単に測りとなる天秤にものを載せて測るだけですので、何も問題はありません。取り扱いにだけ気をつけるようにするだけなので、それだけ注意をしておくだけで使うという事はとても簡単なのです。一風変わった測りを用いて、重さを測ってみると言うことにチャレンジしてみるのも、面白いかもしれませんね。

正確な重さを測って、分銅を使用しよう。