分銅の用途別種類:適合分銅

分銅は電子はかりなどの整合性を校正するために必要なものです。電子はかりは一見非常に精密なものに思えますが、経年劣化による部品の摩耗やほこり、磁場などの影響で、そのうち精度が落ちていくことがほとんどです。そのため、通常は定期的に精度のチェックを行わなければなりませんが、その時に役に立つのが分銅です。アナログな方法ではありますが、コンピューター制御の電子はかりに比べて性質が安定していて質量の変化がほとんどありませんので、これを基準として計測することで、電子はかりに誤差が生じていないかどうかを確認しています。

分銅は、用途によっていくつかの種類に分けられています。使い道としては、計量法に定められた質量の基準として用いられており、精度等級によっていくつかのクラスに分けられているもの、基準のものを認定されたマニュアルに従ってトレースし、計量器の検定や検査に用いることができる複製のもの、 投球が低く、計量器の検査という用途では用いられていないものの、天びんを用いて軽量するときに日常的に使用されているものなどがあります。それぞれに使い道によって素材や制度、校正の周期などが異なっていますので、実際に購入するときには目的に応じたものであるかどうかを確認しておくとよいでしょう。

一方で、別の分類による分け方もあります。その質量や品質、精度などをどこが認定しているかによってわける方法で、OIMLは国際法定計量機関の勧告にもとづいているものです。国際規格ではありますが、日本国内では基準分銅を用いて検査を行うことが主流になっていますので、一般的にはあまり重視されていません。ただ、等級の呼称や形状などは国際的に通用するため、特に海外にも流通を行っている企業においてはよく利用されるようになっています。

JCSSは一般的に標準分銅と呼ばれており、JCSS認定事業者制度のもとに、認定事業者が発行するJCSSの校正証明書が発行されています。一般の事業所の標準器に位置付けられており、国内では非常に信頼性のある品物です。これをトレースしたものが、複製として使われているタイプになります。計量器検査用の作業用として、広く利用されています。適合分銅というのは、各種規格に適合していることを製造者が表明している品物です。 計量法・基準器検査規則、JISやOIMLで定められているものとほぼ同じ内容ですので、どこで利用しても安心です。

Read More

Q.天秤を選定する際の基準はどんなものですか?

A.
学生の頃に耳にしたことがある分銅というものは、どのような物なのかあまり知られていない事でしょう。これは金や銀といった塊が、分銅状に造られて重さを測るというもので有りますので、一般家庭などでも使用することが可能です。ですので、これをワンセット持っておくといざという時に、とても重宝します。主に学校の授業などに使われているものですが、一般家庭でも使用することができますので、使ってみようというのであれば購入するのも良いかもしれません。

分銅は計量法に基づき検査されてその検査に合格された基準のものには、有効期限付きの検定に合格したものは検定生印がつけられます。これに使われている金属には様々なものがありますが、高級のものですと白金イリジウム合金や、純ニッケル製であったりしますが一般的に使われているものは黄銅製で表面にニッケルあるいはクロムなどのメッキが、使われています。最近ではステンレス製の物が多く出回っていますが、使い方はどれも同じです。

正しい使用例としては、天秤に乗せる際に指紋などが付かないように、ピンセットなどを用いて載せるようにしましょう。その時に落としてしまったり傷をつけないように気をつける必要があります。敏感なものですので、取り扱いには充分注意が必要になります。分銅の種類には大きく分かれて基準、実用基準、精密というものがありますが使用目的によって、違ってきますので使用目的に合わせて購入するようにしましょう。個人でただ単に測るだけであるのであれば、この様な難しい事は何も気にすることはありませんので、気楽に使用する事が望ましいです。

それを使用する天秤にも二種類あり、機械式と電子式と言うものが有りますので、こちらも目的に合わせて選ぶようにしましょう。学校の授業などにしか使用出来ないものだろうと言うイメージがあるのですが、普通に販売もされていますので、購入する事が可能なので一般家庭でも利用することができます。使い方は難しいのではないか、そのように感じることもあるのですが、単に測りとなる天秤にものを載せて測るだけですので、何も問題はありません。取り扱いにだけ気をつけるようにするだけなので、それだけ注意をしておくだけで使うという事はとても簡単なのです。一風変わった測りを用いて、重さを測ってみると言うことにチャレンジしてみるのも、面白いかもしれませんね。

正確な重さを測って、分銅を使用しよう。

Read More

分銅のメンテナンスについて

分銅は、アナログな要素が大きい分、メンテナンスの必要性を軽んじられる傾向にあります。しかし分銅も、使用頻度や材質、管理環境、取り扱いなど、様々な要素によって、質量変化を起こしています。特に材質と使用環境や管理方法の違いで、影響を受けやすいものです。分銅のメンテナンスを「校正」と呼び、行うべき時期を「校正周期」を言います。

基準分銅は計量法によって校正周期が定められています。F1クラスと言われる精度が特級のものについては、3年の校正周期が定められています。それ以下であるF2クラスと言われる一級以下のものは、使われている材質によって規定され、鋳鉄製のものは1年、それ以外のステンレス製や真鍮製などは5年となっています。これらはあくまでも基準器の場合となっており、基準器ではないJCSSでは校正周期は強制されていません。反対にいえば、基準器の校正周期は強制ということになります。

JCSSの場合には、校正周期に強制はありませんので、所有者が個々に校正周期の設定し、管理することが求められています。鋳鉄製は1年が推奨され、それ以外のステンレス製や真鍮製などは3年が推奨されています。これら推奨される校正周期をまもることによって、求めている安定性や精密度を維持することが出来るのです。JCSSが強制されていない分、管理者の意識の高さが要されています。

日々の管理方法の改善や校正によって質量変化などに対応して使用し続けますが、永久的なものではありません。とうぜん耐用年数というものがあります。校正しても分銅としての役割を果たすだけの信頼性が何にも担保できないという状態のことですが、これが材質がもつおおよその耐用年数とイコールではありません。材質だけを考えれば、ステンレス製が一番長く、その次が真鍮、鋳鉄と続きます。しかし耐食性が高いとされるステンレス製であっても、腐食や経年劣化がないわけではありません。

どのような加工が施されたかによっても、耐用年数は飛躍的に延びます。表面の粗さを減少させ、微量元素を除去したり、酸化膜を強化したりといったプロセスを踏むことで、腐食への耐性も向上します。このような技術は近年大変伸びています。耐用年数を一概に言えないのは、「製品特性の違い」も大きくかかわってくるからです。一般的には、使用環境に留意し、管理方法を製品特性にあったものに徹底することで、耐用年数を延ばすことが可能です。

Read More

Q.分銅を手で触ってはいけないのは何故ですか?

A.指には実は脂肪分が常に覆っています。本当かなと思いますが、一番身近に感じる例は指紋です。最近ではみなさんが日常よく使っているスマートフォンに指紋が残ってしまい、あまりいいイメージを持つ人はいないと思いますが、指紋を生み出す脂肪分にもしっかりと役割があります。その役割は主に二つで、一つは「毛のない手の皮膚を守るため」と、もう一つは「物を掴みやすくするため」です。みなさんが水を飲むためにコップを持ったり、スマートフォンを持ったりと、すべりやすいものをしっかり持てることができているのは、この脂肪分の役割が大きいのですね。

しかし、今回の場合はこの脂肪分が悪さをおこします。どういうことかというと、手で分銅を持ってしまうと、指先の脂肪分が分銅の金属と反応し、酸化することで錆ができたり、分銅についた脂肪分が空気中の塵や埃とくっついたりします。その結果、酸化した分や塵や埃がくっついた分だけ重くなり、正確な重さを計ることができなくなります。こういった酸化を防ぐため、最近の分銅は腐食のしにくいステンレスで作られることが多いです。そのため、後者の理由の「脂肪分が空気中の塵や埃とくっつく」というのが、一番の理由となります。

では、手で触ってはいけないとすると、どのような扱い方がよいのでしょうか。

そうですね、昔の理科の授業を思い出してみると、ピンセットで重りを掴んではかりまで運んでましたよね。また重りの方にも、ピンセットでつまみやすいように、カギ状の突起がついていましたよね。大人になって振りかえってみると小学校の授業といえど、実は様々な先人の工夫がところかしこにあったのだと気づかされます。

ちなみに、なぜ一般的な重りのことをわざわざ「分銅」という名前になったかというと、昔の通貨である金や銀が関係します。どういうことかというと、昔の通貨は今のような千円や一万円といった目に見える通貨を交換して支払っていたのではなく、金や銀をその場で計って、その金や銀の価値を決めていました。その際に重さを決める基準となったのが、銅ではなく青銅です。青銅は、金や銀はもちろん、鉄よりも錆びにくいという性質をもっていたので、当時は重宝されていました。(ちなみに現在使われている10円玉は青銅製です)。このような由来から、「青銅を分ける」→「銅を分ける」と転じ、現在のように「おもり」をあらわす言葉として用いられるようになりました。

Read More